やっぱりダメ犬

2012.01.14 (Sat)
とある夜、キッチンで突然バサッと音がした。
ワワワワワワワン!と吠えながらすっ飛んでいく犬。
「大丈夫だってー、たいしたことないってー」と言っても
当然吠え続ける犬。
それがすぐにぴたりと止んだ。

オカシイ。いつもだったらしばらく吠え続けてるはず。
それがすぐにやんだということは、
何か楽しいこと=マズイことが起こってるはず!
慌ててキッチンをのぞくと、乾燥中の干しキャベツが
ザルごと落ちていて、くぅがもしゃもしゃと食べていた。

「あっ、それはダメ!」
120114-1.jpg
当然キャベツをくわえて逃げた。
警戒して肩の毛が立ってるのがわかるでしょうか?

追いかけたらトイレに避難した。
なぜか避難場所はいつもトイレ。安全地帯だと思ってるらしい。
120114-2.jpg
警戒度マックス。見て!背中の毛、見事に総立ち!

しかもこの状態でもまだ凄い勢いでキャベツを食す。
120114-3.jpg
怒られててもやめないこのしぶとさ!

食べ終わると初めてしょげてるフリをする。
120114-4.jpg
こうして私が叱ってる最中も小さくヴーって言ってるから
まったく反省してないけど。

今回はキャベツだったからいいんだけど、
これが本当にまずい物だったらやばいから叱っといた。
本人も悪いことしてる自覚があるのにやめないからタチが悪い。
最近おりこうさんって思ってたけど撤回だな、これは・・・。

てか、キャベツの葉まるごと1枚って多すぎね?
back-to-top