ご報告

2020.07.13 (Mon)
皆さんにご報告があります。
先日2020年6月27日(土)、くぅは、虹の橋が迎えに来てしまい、星になってしまいました。
夜に眠ったまま、苦しんだ様子もなく静かに逝ったようで、それが幸いです。
年齢は15歳と10ヶ月ちょっと(すでに16歳だと勘違いしてましたが…)、出会ってから15年と約8ヶ月、楽しい介護も突然終わり、くぅとの生活は満了となりました。
これまで、このブログを通じて温かく見守ってくださり、ありがとうございました。心からお礼申し上げます。

ここから下、詳細と眠りについた犬の写真がありますので、希望されない方はこの先の閲覧はご遠慮ください。



202006302101394c5.jpg

最近みるみる衰えていたくぅ。徐々に足腰が弱くなって、階段が登れなくなり、寝たきりになるまでほんの数ヶ月。

20200630211038835.jpg

大きな病気は生涯なかったけど、最近は食欲が落ちて、体重は健康な時の半分の2.3キロまで落ち、肉がないので両肩に褥瘡(床ずれ)ができてしまいました。

20200630211622fe7.jpg

一緒に寝ていて、最近はだいたい朝の4時〜5時くらいにおねしょして教えてくれるので、シーツを替えて寝返りさせてまた寝る、というパターンで過ごしていたけど、その日は朝方に騒ぎませんでした。

202006302148347ab.jpg

目が覚めて嫌な予感がして布団をめくってみると、夜寝た時の姿のまま動かなくなっていました。おしっこはしていたから、多分早朝までは息があって、そのあとひっそりと旅立ったんだと思う。
若い頃にはかなり手をやいたけど(笑)、本当に手のかからない、かわいい良い子でした。

20200630213609917.jpg

悲しくて寂しくてショックで信じたくなくて大泣きしました。別れが近いことはわかっていたけど、あと1ヶ月くらい細々といけるんじゃないかと思っていたから。
まずはシャンプーしてキレイにしてあげて、何度も抱きしめました。そしてその日は、最後にいつも通り一緒に寝ました。

202006302138304d5.jpg

思い返すと、褥瘡は良くなってきていたけど、こんなにも体重が減って体も薄っぺらくなって、首は左に反ってしまって、くぅはすごく頑張っていた。最後は、なんだか私に添い寝してくれるためだけに生きていてくれたように感じます。

20200630214122c56.jpg

約16年間、力を使い果たすまで一緒にいてくれて、幸せをたくさんくれたくぅには、ありがとうしかありません。
くぅ、ありがとう。またね。

20200630204228a41.jpg


これまでお見守りいただきましてありがとうございます。
くぅの肉球スタンプつきの陶芸作品がただいま完成待ちで、それができたらお披露目したいので、あと1回はブログ更新予定です。
それまでお付き合いいただけたら嬉しく思います。


Category: くぅ | Comment(2)
back-to-top