奥尻島

2009.09.08 (Tue)
日曜・月曜で奥尻島に行ってきた。
みなさん、1993年に起きた「北海道南西沖地震」を覚えているでしょうか?

朝9時にくぅを動物病院に預け、札幌からせたな町までひたすら下道で4時間半、その後フェリーに乗船。結構遠いね~。
090908-1.jpg
これに乗りまーす。

観光する間もなく、さようならせたな町。
090908-2.jpg
天気はくもり。残念ながらめっちゃくもり。

フェリーに揺られて1時間半、こんにちは奥尻島。
090908-3.jpg
明るくなったと思ったのも束の間、やっぱり天気はどよ~んとし、夕日を見たかったのに全く見えなかった。残念。

以下、旅行記↓


着いたその足でまずは奥尻島津波館。津波館では1グループに1人ガイドさんがついてくれて、私は1人なので、つまりマンツーマン授業みたいな感じに・・・。かなり衝撃的で思わず涙が出た。

次の日、激しい雨の音で目が覚め、朝イチで帰っちゃおうかとヘコんだけど6時くらいには止んだ。そして森歩きへでかけた。(実は旅の目的はフットパスを歩くこと。)
090908-4.jpg
こちらはシンボルの鍋釣岩。津波でこの岩のてっぺんが欠けちゃったって言うんだから凄まじい。(現在は修復済み)

くもっててよくわからないんだけど、ものすっごく水がきれい!
090908-5.jpg
すごく透明で、きれいな水色。(宮津弁天宮から望む)

遠くに見えるのは北海道本島。(球島山から望む)
090908-6.jpg
あ~、昨日来ていれば晴れてたのになぁ。

晴れてたらさぞかし絶景なんだろうな~。
090908-7.jpg
ちなみに湾の真ん中の小さな丸はさっきの鍋釣岩。

フェリー乗り場では必ずこのうにまる君がお迎え&見送りしてくれます。
090908-8.jpg
正直、このキャラクターはどうだろう・・・(笑)。

ちなみにフェリーに持ち込んだバイクはこうなった。こんなんで大丈夫か?
090908-11.jpg

地震と津波で壊滅的な打撃を受けた奥尻島も今ではすっかり元気になり、田舎の漁村のちょっと汚い感じというのはまったくなくて、むしろ町全体が新しくてきれい。それがリアルに切なくもあり嬉しくもあるけど、奥尻島は素敵なところです。

トラックバックURL
http://kuu2004.blog103.fc2.com/tb.php/497-666b11c8
トラックバック
コメント
こんにちはー!
覚えてますよ。奥尻島。そして地震。
津波が・・・ね。
もう16年も前なんだーってビックリしました。
そっか。16年かぁ。

元気に復興しているのは嬉しいことですよね。
名古屋のほうもいつ大きな地震がきてもおかしくないから
ちゃんと準備しなくちゃ。

うにまる君はノーコメントで(笑)
ぱーのすけ | 2009.09.09 14:58 | 編集
●ぱーのすけさんへ
16年も経つんですよねー。
地震にしろ何にしろ、天災は突然やってくるんですよね。
なんとなく、「私に限っては」とか、「ここにはまさかね」と思いがちですけど。
そうではない現実を突きつけられました。
津波館にはそれほど興味はなかったのですが
行ってよかったです。

ちなみに町の街灯も、うにまるモチーフでした(笑)。
miki | 2009.09.09 22:44 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top